FC2ブログ

世界史情報局

世界の全史を自分なりに見渡してみようと思って始めたブログ。近代以前の世界史の中心だった東アジアと西アジアの視点から、なるべく手を広げながら通史を書いています。根も葉もない出鱈目は書かないけど、面白さ重視で描写の脚色もします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリミア半島へ行ったときの件(1)

モンゴル帝国の西方遠征を書いていて思い出した件。
近ごろ不幸な成り行きでニュースによく出るクリミア半島をむかし一人旅したことがあるので、そのときのことをつらつら書いてみようかと。

1280px-ウクライナの地図
(解説不要な気もするけど、黒海に突き出た菱形の半島がクリミア半島)


それは2007年の9月だった。いまから8年も前というわけで、時の流れるのは実に早い。

クリミア半島に行ってみたくなったのはいろいろと理由がある。

この土地には世界史の源流のようなイメージがあった。
アフリカからユーラシアに溢れ出した人類が世界に拡散しはじめたとき、イスラエルのガフゼー遺跡やグルジアのドマニシ遺跡に痕跡を残した人々は、カフカス山脈を越えてウクライナの豊かな平原を見つけ、そこから東西に旅立っていったのだと思っていた。
まあ、ここ数年で人類の世界拡散が何波にも分かれていたことや、早期のうちにユーラシアの南の沿岸沿いに極東まで進出した人類集団がいたらしいことなんかも判明してきたようだけど。
それでも多分、世界人類の大部分は、かつてクリミア周辺で暮らした人々の血を多少なりとも受け継いでいるんじゃないかと思う。

紀元前三万年頃、ネアンデルタール人に育てられたクロマニョン人の少女を主人公とする小説、『大地の子エイラ』だってクリミア周辺が第一部の舞台だし。うん。

大地の子エイラ―始原への旅だち 第1部 (上)

中古価格
¥214から
(2015/8/17 23:44時点)




ローマ帝国やフン族、ハザール王国、古代ロシアやヴァイキング、モンゴル帝国なんかも大好きだ。
そのへんも全部クリミアに絡む。
地中海世界から見ればクリミアは世界の北の果てで、ロシアから見ればクリミアは南の果て。
一方は雪に覆われた暗黒の地であるかのようにイメージし、一方は陽光溢れるバカンスの地のようにイメージする。
そんな多重性も魅力的だった。

可愛い女(ひと)・犬を連れた奥さん 他一編 (岩波文庫)

中古価格
¥1から
(2015/8/18 00:19時点)

(クリミアの避暑地を舞台にした短編だった気がするけど、どうだったか)



まあ、そもそもはシベリア鉄道に乗りたかった。
北京からモンゴル高原を縦断してバイカル湖に臨み、巨大なシベリアを横断して赤の都モスクワに到達し、そこから古都キエフに南下してウクライナで締める。そんな長旅がしてみたかったのだ。
ところが資金面や時間面もろもろの難に加えて、ロシア入国の手続きが実に面倒くさいことが判明した。

今はどうだかわからないが、当時は

「ロシアのビザを取得するためには宿泊施設の予約が必要」かつ「ロシアの宿泊施設を予約するためにはビザが必要」

という感じのめちゃくちゃな制約があったのだ。ちょっと素人には手に負えない。
というわけで、旅の終点にするつもりだったクリミア半島をメインターゲットにすることにした。


他にももろもろの成り行きがあって、

「トルコのイスタンブールから船で黒海を渡り、オデッサからクリミア経由でキエフに抜けて、中央アジアのウズベキスタンを経由して帰る」

という壮大な旅行になった。


行きにタシケント空港で乗り換えたとき、ウズベク人の審査官に「イスタンブールで着陸してキエフで離陸するとはどーゆーこった?」と突っ込まれ、「シップでブラックシーを渡るのだ」と応えたら、えらく驚嘆された。
海のないウズベキスタンの人にとって、なおさらに規格外のルートに思えたのかもしれない。ちょっと気分が良い。


あとから気づいたけど、ウズベキスタンとトルコとウクライナの三ヶ国を旅行するとなると、14世紀のティムール帝国をコンプリートしている感がある。
飛行時間の長さからあらためて痛感する覇王ティムールの偉大さよ。


で、こんな巨船でイスタンブールを出航。
164.jpg

トプカプ宮殿を眺めてベルギー人の兄ちゃんと駄弁りつつ船出を待っていたのだが、日付が変わっても一向に船が動き出す気配がない。
諦めて船室に入り、翌朝9時ごろに起きだしたらとっくに船出してボスポラス海峡を抜け、ブルガリア沖あたりを航行中だった。いったいいつ動き出したのだ。

165.jpg

こんな妙なルートを旅する日本人は自分ぐらいだろうと思っていたら、船上で別の日本人夫婦と遭遇。世界は広いというか狭いというか難しい。

この日は一日中黒海を北上するだけなので、退屈極まりない。

船内のバーで暇つぶしにナッツをダラダラと噛み締めていたら、「イゴール」というガタイの良いロシア人と知り合った。
なんでもサハリン/樺太のユジノサハリンスクに家があって、船乗りをしているらしい。
ロシアは途方もなく広いけど、ユジノサハリンスクといえば日本の目と鼻の先ではないか。楽しい。

Yuzhno-Sakhalinsk.png
(稚内から100キロも離れてないはず)


サウジアラビア人やトルコ人の兄ちゃんとも、水を入れると白く濁る「ラキ酒」を飲んで盛り上がる。
試しに「ムスリムなのにアルコールを飲んでもいいのか?」と訊いたら、「ワインじゃなければいいんだ」とお答えになった。
ハナフィー派の法解釈ではそういうことになる。
本で読んだ知識とリアルなムスリムの回答が符合して面白い。


残りの時間はマルグリット・ユルスナールの『ハドリアヌス帝の回想』を読んで時間を潰していた。
黒海のうえで、若き日のハドリアヌスがドナウ河口を越えてスキティアの原野に馬を走らせる様や、死の床のハドリアヌス帝にフラウィウス・アッリアノスが書き送った黒海就航記を読むのは何とも不思議な感覚だった。
アッリアノスやハドリアヌスが目にする黒海は霧に覆われた神秘の海。
けれど、いま目にしている現実の黒海は夏の終わりの雲一つない青空のもと、どこまでも穏やかで翳りのない世界だった。

ハドリアヌス帝の回想

新品価格
¥3,456から
(2015/8/18 00:24時点)





168.jpg

黒海。

トルコ語では「カラ・デニズ」、ロシア語では「チョールノイ・モーリェ」、いずれにしても「黒い海」という意味である。
あとで調べたら、冬に荒れ狂う黒海を古代ギリシア人が「暗黒の海」と呼んだのが由来だとかなんとか。
たしかにギリシア神話では、アルゴー船の航海にしても、オデュッセイアーにしても、黒海は不吉な荒海として描かれている。
といっても、ペリクレスの時代には黒海北岸にギリシアの植民都市がいくつも建設されて、大量の小麦を出荷していたんだけどな。

まあそんなことはさておき、実際にこの目で見た夏の終わりの黒海は実に穏やかで、どこまでも青い海だった。

「黒海は黒くない!」

これは繰り返し主張したい。想像以上に黒くなかった。黒さの欠片もなかった。詐欺である。


そんなこんなで、翌日の昼過ぎにはウクライナの海岸に接近。
予定だとたしか12時頃にオデッサ入港のはずだったのが、平気の平左で船は遅れに遅れ、予約していた夜行列車に間に合うのかやきもきする。

それでも14時近く、左舷に遠くロシア正教の教会らしきものが見えたときには少し感動した。
本当に海を渡ってイスラームの国から正教の国に来たのだと。ヴァリャーグやオスマン帝国やロシアの艦隊が往来した、世界史に名高い海を超えてきたのだと。

いや、もっとシンプルにいえば。
地図に描かれた世界は本当に存在していたんだと。

174.jpg

15時半頃にようやくオデッサに入港。
これでなんとか間に合うかと一息つけば、今度は無駄に長ったらしい入国審査が待っていた。
列に並んでパスポートを見せるだけで小一時間。
これも旧ソ連の歴史的遺産だと思えばむしろ面白くもあるのだが。


続く?

スポンサーサイト

イスラーム世界の歴史23 狼と三日月

衝撃と畏怖

1022px-Gengis_Khan_empire-fr_svg.png
(チンギス・カンの遠征)


彼らは来た。彼らは破壊し、焼き、殺し、奪い、そして去った。

(アターマリク・ジュヴァイニー『世界征服者の歴史』)


1218年、金国遠征より帰還したチンギス・カンは将軍ジェベにナイマン王子クチュルクの追討を命じた。

東トルキスタンの西遼国を簒奪したクチュルクはネストリウス派キリスト教から仏教に改宗し、タリム盆地のムスリムたちに迫害を加えていた。
ジェベは天山山脈を越えて東トルキスタンに侵攻し、ベラサグンで西遼軍3万を破り、クチュルクをバダフシャーンの山中で捕殺した。
あとは簡単だった。ジェベがクチュルクの首級を陣頭に掲げてタリム盆地を一周するだけで、オアシス諸都市はことごとくモンゴルに降ったという。旧西遼国の平定には百日もかからなかった。


1280px-Khujand.jpg
(ホラズム・シャー朝およびマー・ワラー・アンナフルの北の国境、シル川)

ジェベの勝報に草原が沸きたつなかで、西方のホラズム・シャー朝より衝撃的な報せがもたらされた。
チンギスがホラズムに派遣した通商団450名全員が、ホラズム・シャー朝の北境オトラルで殺害されたのである。
オトラルの城主イナルチュクが、通商団をモンゴルの密偵と見なしたためであるという。

チンギス・カンは怒り悲しみ、聖山ブルカン・カルドゥンの頂で三日三晩にわたってモンゴル人が崇拝する蒼天の神テングリに祈りを捧げた。

テングリは啓示を降した。

蒼き狼の裔なるチンギス・カンよ、汝は至高の天に代わり、ホラズム王の大罪に酬いよ。
この地上の悪しき者どもを追討し、世界を手中にせよ。
汝は常に勝利する。汝の敵らは大罪を犯したればなり。汝の勝利こそ彼らの罪の証なり。



Anticrepuscularpano.jpg
(テングリは蒼天そのものと同一とされる)


ブルカン山を下るチンギス・カンの霊威に民は恐れおののき、先を争って世界征服の戦いに赴くことを誓約した。
実はこれはチンギスが意図したとおりの結果だった。
三世紀も争い続けた諸部族を唯一のカンに服従させるためには、当面のあいだは常時臨戦態勢を維持する必要がある。そのためには、さらなる外征が不可欠である。
チンギス・カンは金国遠征の終わる前から次の目標を西に決めていた。通商団が密偵を兼ねていたことはおそらく間違いない。それでも彼らが殺されたことは絶好の大義名分となった。

一方で、純朴なモンゴルの民はチンギス・カンの天命を堅く信じた。
これ以後、モンゴル帝国が諸国に発する外交書簡の冒頭には常にひとつの定型句が記される。

モンケ・テングリン・クチュン・ドゥル(とこしえの蒼天の力によりて)……

不滅の蒼天は偉大なるボグド・セチェン・チンギス・カン(聖なる賢王チンギス)とその一族に世界の支配権を与えたもうた。
中央ユーラシアでは、これは何世紀ものあいだ疑問の余地なき真理(「チンギス統原理」)と見なされる。


1280px-DiezAlbumsArmedRiders_I.jpg
(モンゴル軍の騎兵)

1219年春、チンギス・カンは帝国のほぼ全軍を率いて西征を開始した。
膨大な人間が、馬が、家畜が、そして旌旗が、馬車が、天幕が、アルタイ山脈を越えていく。モンゴル高原はほとんど空になった。まるで国家そのものが西へ移動しはじめたような光景だった。


チンギスの戦争準備は周到だった。
彼は建国当初より息子たちをモンゴル高原西部の幹線ルート沿いに配置し、兵站基地の建設とホラズム国内の情報収集、事前調略を命じていた。


旭日の勢いで勢力を拡大しつつあるホラズム・シャー朝は、実は深刻な亀裂を内部に秘めていた。

ホラズムの軍事力の中核は、アラル海北方の「カンクリ族」と呼ばれる遊牧集団の戦士たちだった。
そのカンクリ族の代弁者というべき存在が国王アラーウッディーン・ムハンマドの実母で、カンクリ出身の太后テルケン・ハトゥーンである。
彼女は国王とほとんど同格の権力を握り、カンクリ族の利益だけを追求して国政を混乱させた。
一方、東部の総督たちは庶出の王子ジャラールッディーンを支持している。彼はアラーウッディーン・ムハンマドとインド系の側妾のあいだに生まれ、粗暴だが勇敢な武将だった。

王子ジャラールッディーンと大后テルケン・ハトゥーンは常に対立し、宮廷は右へ左へと揺れ動いている。
そもそも領土の拡大が急速過ぎたせいで国家としての一体性が確立できていないのだ。ホラズム・シャー朝の巨大な版図は継ぎ接ぎ細工でしかない。

従来、これら諸勢力の対立を制御していたのは王朝発祥の地、ホラズム地方の軍人たちだった。
ところが彼らは先年のバグダード遠征で甚大な損害を受けた。アサダーバードの猛吹雪で斃死した3万人のほとんどはホラズム出身の兵士だったのだ。
信頼できる直属軍を失った国王は、いま、微妙な均衡の上に君臨している。
チンギスはそれを計算に入れてホラズム侵攻作戦を決定した。

Amudaryamap.png
(ホラズム侵攻)

モンゴル軍の戦略をひとことで表現すれば「衝撃と畏怖」だろう。

チンギスは大軍を多方面からホラズム・シャー朝中枢に侵攻させることで、敵国が内部崩壊を起こすと予測。それを実現すべく、彼は全軍を四つに分けて侵攻を開始した。

チンギス・カンの長男ジョチはシル川下流のジェンドから。
チンギス・カンの次男チャガタイ三男オゴデイはシル川中流のオトラルから。
将軍ジェベは旧西遼国からパミール高原を越えてアム川上流へ。
そしてチンギス・カン自身は末子トルイとともに不毛の荒野を突破してブハラを衝く。
そして四軍は同時に首都サマルカンド城外に集結する。
絵に描いたような分進合撃作戦である。


ホラズム国王アラーウッディーン・ムハンマドは早々に組織的抗戦を断念し、首都を放棄してイラン高原に撤退した。
背反定かならぬ諸地方の軍を集めて会戦を挑むより、モンゴル軍を領内深く誘い込み、疲弊したところを撃つ作戦に賭けたのだ。
だが、王の縦深防御戦略はホラズム・シャー朝の各地方軍に正しく伝達されなかった。

王の「逃亡」によってホラズム軍は崩れ立った。散発的に激しい抵抗があったが、無秩序だった。
モンゴル軍は刃向う都市の住民を虐殺し、捕虜を陣頭に立てて進軍し、意図的に自軍の残虐さを喧伝した。
マー・ワラー・アンナフルの諸都市はモンゴルの暴虐に怯え、続々と降伏した。
モンゴル軍はほとんど自軍の血を流すことなく、1220年3月にサマルカンドを陥落させた。

アフラーシアブ
(モンゴル軍の攻撃によって、アフラーシャーブの丘にあったサマルカンド旧城は廃墟と化した)


ホラズムの獅子

「神は罪深き汝らを打つための鞭として余を遣わされた。余は汝らの災厄である」

(チンギス・カンがブハラ占領時に行なった演説、チンギスが口にした「テングリ」を通訳は「アッラー」と訳したという)


ホラズム崩壊の早さはモンゴルの予想を超えていた。
チンギスは内心、あまりにあっけない勝利に困惑した。軍はいまだ血に飽きてはおらぬ。狼たちは腹が裂けるほどに飽食しなければ戦を終えることを肯んじぬであろう。

400px-Subudei.jpg
(モンゴル帝国最強の武将、スブタイ・バアトル)


まず、チンギス・カンは股肱の将軍ジェベスブタイ・バアトルにホラズム国王の追跡を命じた。
ふたりは獲物を追う猟犬のように、矢のようにサマルカンドを飛び出していった。彼らの率いる精鋭たちはイラン高原北部を駆け抜け、バグダードをかすめてアゼルバイジャンに転進し、グルジア王国を席捲した。
途上で抵抗した諸都市はことごとく屠城され、血の海となった。そのさなかに逃亡したテルケン・ハトゥーンが発見され、モンゴル高原に連行されている。
さらにふたりはカフカース山脈を越えて南ロシア平原に入り、カルカ河畔でルーシ(ロシア)の諸公を破り、クリミア半島を蹂躙し、ヴォルガ流域を経てようやく東へ軍を返す。
全長一万キロになんなんとする大長征であったが、肝心のホラズム国王の行方はついに掴めなかった。

実はイラン高原に撤退したアラーウッディーン・ムハンマドは、ジェベとスブタイの追撃をかわすのに手いっぱいで抵抗勢力を組織できず、カスピ海の東南端に浮かぶ砂州のような小島のうえで、人知れず息を引き取っていたのだった。
数年前まで東方イスラーム世界を制せんとしていた英傑にしては、あまりに寂しい最期だった。

Mort_de_Muhammad_Hwârazmshâh
(カスピ海のアーバスクーン島で最期を迎えるアラーウッディーン・ムハンマド)


一方、チンギス自身は主力軍を率いてアフガニスタン方面に転進した。
モンゴル軍はこれほど早くこれほど奥地に侵攻することを想定していなかった。事前の調査も調略も不十分で、戦況は泥沼化した。
降伏勧告は受け入れられず、やむなく虐殺に次ぐ虐殺が展開された。
歴史家ナサヴィーによれば、このときモンゴル軍は、ゴール朝の劫掠から辛うじて守られたガズナのマフムードの遺骸を掘り出して焼いたという。
彼らは名のある王侯の陵墓は、すべてホラズム王家ゆかりのものだと思っていたらしい。

ホラズム側の抵抗も熾烈だった。その中心にいたのはホラズム・シャー朝第8代国王を称するジャラールッディーンである。

アラーウッディーン・ムハンマドはカスピ海の小島で息を引き取る直前に、随行していた王子ジャラールッディーンに王位を譲った。
ジャラールッディーンは、はじめ王朝創建の地ホラズムで反モンゴルの兵を挙げようとするが、異腹の兄弟たちに妨害されたため、すでにモンゴル軍に占領されたマー・ワラー・アンナフルを突破してアフガニスタンに入った。

800px-Памятник_Джелал_ад-Дину_Манкбурны
(ジャラールッディーン・マングバルディー・ホラズムシャー)


モンゴル帝国創建期の事績を伝える叙事詩『元朝秘史』では、いちはやく逃亡したアラーウッディーン・ムハンマドについてはまったく言及されていない。
代わって西征軍の前に立ちはだかる好敵手として活写されるのが、「ジェラルディン・ソルタン」こと、ジャラールッディーンである。

ジャラールッディーンは3万の軍を集め、チンギス・カンの猶子シギ・クトク率いるモンゴル軍をパルワーンで撃破した。西征開始以来、モンゴル軍の初めての敗北だった。
だが戦利品の分配をめぐって内輪揉めが起こり、せっかくの抵抗軍は四散してしまう。
チンギスは自軍の不敗神話を崩したジャラールッディーンを全力で追撃し、ヒンドゥークシュ山脈を越えてインダス河畔に追い詰めた。
絶体絶命の死地に陥ったジャラールッディーンはインダス川の激流に身を投じ、馬を駆って対岸に逃れ去った。チンギスはここでジャラールッディーンの追撃を断念した。


ホラズム・シャー朝の呆気ない崩壊によってイラン高原以西は大混乱となった。
チンギスは将軍チョルマグンに、モンゴル軍の一部とともにホラーサーンに駐留してホラズム旧領を監視することを命じた。この一軍は「探馬軍(タマ軍)」と呼ばれ、以後数十年をかけて徐々にイラン方面の征服を進めていく。
また、アラル海北方から黒海方面に続く「キプチャク平原」には、チンギス・カンの長子ジョチが侵攻を開始した。ジョチと息子たちはモンゴル高原に帰還せず、この地を一族の新たな故郷とする。


Alal_al-Din_Khwarazm-Shah_crossing_the_rapid_Indus_river,_escaping_Chinggis_Khan_and_his_army
(インダス川を越えるジャラールッディーン)

さて、モンゴル軍の追撃を振り切ったジャラールッディーンはパンジャーブ地方で物資調達のための略奪を重ねつつ、デリーに君臨する奴隷王朝に保護を要請した。

デリーではゴール朝から独立した初代スルタンのアイバクが1210年に事故死し、現在は彼の養子のシャムスッディーン・イルトゥトゥミシュが王位にあった。
イルトゥトゥミシュはモンゴル帝国の介入を避けるため、ジャラールッディーンの入国要請を丁重に拒絶した。

「ヒンドゥスターンは暑熱の地ゆえ、貴公の健康に害があろう。パンジャーブ地方でゆるりと過ごされよ」

パンジャーブにはイルトゥトゥミシュの政敵であるカバーチャという人物が勢威を張っていた。
ジャラールッディーンはカバーチャの所領を荒らしまわったが、ジャラールッディーンのあまりの勢いに恐れをなしたイルトゥトゥミシュが大軍を集めて接近しているという報が入った。

「おい野郎ども、イランに帰るぞ!」
「されどイランの地にはチンギスめが居座っておりましょう。かの蛮王はインドの諸王をすべて集めたよりも凶悪にて……」
「うっせえ、てめえは一生インドでカレー食ってやがれ!」

さすがにモンゴル軍が占拠したアフガニスタンとホラーサーンを再度通過するのは不可能だった。
やむなくジャラールッディーンは、水も緑もないマクラーンの荒野に兵を向けた。
現代のパキスタン南部にあたるこの荒涼たる土地は、そもそも人間の生存に適していない。
有史以来、大規模な軍勢を率いてここを通過したのは古代マケドニアのアレクサンドロス大王と、このホラズムの獅子というべきジャラールッディーンの二人だけである。

1024px-Arge_Bam_Arad_edit.jpg
(ケルマーン地方の遺跡)

数週間後、辛うじてマクラーンを抜けた4千騎のホラズム軍は、イラン高原南部の要地ケルマーンに到着した。
ジャラールッディーンはこの地で自立していた西遼の残党(ケルマーン・カラヒタイ朝)を従属させ、続いてさらに西方のシーラーズに君臨するセルジューク系のアターベク政権も従えた。
次に、イスファハーンに逃げ落ちた弟が小政権を樹立したと聞くと、モンゴル軍のふりをして奇襲をかけ、軍と城を乗っ取った。

さらにジャラールッディーンはバグダードに進軍する。
この時なお、アッバース朝の帝位にあったのはナースィルだった。
若き日にサラディンのエルサレム回復にケチをつけ、壮年時代にゴール朝を煽ってホラズムの怒りを買ったカリフは、すでに高齢になってはいたが、なおもアッラーのもとに召されてはいない。
セルジューク朝衰亡後のイラーク平原一帯ではアッバース朝の威信が回復しつつあり、現地諸侯たちが次々にホラズム軍の前に立ち塞がった。
バグダード攻略は割に合わないと見たジャラールッディーンは、突然軍をはるか北方のグルジア王国に向けた。
グルジア王国は先年のジェベとスブタイによる侵攻の痛手からようやく立ち直ろうとしていたところだった。

「貴様の親父は貴様より強かった。その貴様の親父をモンゴル人どもは片づけてしまった。我らはそのモンゴル人どもにも屈しなかった」
「うぜえ!」

ホラズム勢はガルニ平原でグルジア軍を撃破した。グルジア軍の最高司令官(アミルパサラスリ)、イヴァネ・ザカリアンは敗走し、首都ティフリス(トビリシ)は大虐殺の巷となった。

Georgian_empire_with_tributaries.png
(全盛期のグルジア王国)

斜陽の国のルスダン

新品価格
¥1,080から
(2016/10/16 13:34時点)

(モンゴルとホラズムを迎え撃ったグルジア女王の物語)


ジャラールッディーンは戦争の天才だった。彼は安住の地を求めて周辺諸国への攻撃を繰り返し、しばしば少数で大軍を破り、まさしく獅子のように中東心臓部を駆け巡った。
だが、そうであればこそ在地諸勢力はこの闖入者への敵意を強める一方だった。

1230年、ルーム・セルジューク朝とシリア・アイユーブ朝が反ホラズム連合を締結し、東部アナトリアのエルジンジャンでホラズム軍を完膚なきまでに打ち破った。
その直後、ついに彼らがやって来た。モンゴル帝国の新帝オゴデイの命により、ホラズム残党を追討すべく派遣された「探馬軍」である。
ホラズム勢はアゼルバイジャンのムガン平原でモンゴル軍に惨敗し、将兵は四散した。ジャラールッディーンは身一つでクルディスタンの山中に逃亡し、ここで一人のクルド人に遭遇した。

「なんだてめえ、ホラズムの落武者か?」
「侮るな! 余はスルタン・ジャラールッディーンだ!」
「なんだと、ここで会ったが百年目。俺の弟はてめえの部下どもに殺された。今度は俺がてめえの息の根を止める番だ。アッラーは偉大なり!」

怒声とともにクルドの男が放った投槍に胸を貫かれ、ホラズムの獅子は大量の血を吐いて地面にくずおれた。

モンゴル帝国史 (3) (東洋文庫 (189))

新品価格
¥2,916から
(2015/8/2 01:38時点)

(今なお最も詳細なモンゴル帝国史書のひとつで、ジャラールッディーンの後半生も詳述)



群狼たちの咆哮

11bf9e94442g213.jpg
(ジョチとチャガタイとオゴデイとトルイ(嘘))


モンゴル帝国では1227年、西夏王国遠征中に華北六盤山の陣営にてチンギス・カンが死去した。

1229年9月、クリルタイ(部族大会議)でチンギスの三男オゴデイがモンゴル帝国第2代君主に選出された。
オゴデイは金帝国を完全に滅ぼし、それを機に称号を従来の「カン」(大王)から「カアン」(皇帝)に改めた。
そしてモンゴル高原中部に新都カラコルムの造営を開始するとともに、父の偉業を受け継いで更なる征服戦争を続けることを決定した。

モンゴルは上げ潮に乗っていた。
ホラズム、西夏、金と相次いだ征服戦争によって膨大な戦利品がモンゴリアにもたらされ、馬は肥え、兵士は増えた。
一方で、領土の急速な拡大と一族の分封のために、チンギス家や諸部族の結束が緩み始める徴候もあった。再び挙国一致の征戦を行い、帝国を引き締め直すべきだった。
いまのモンゴルは、かつての匈奴や突厥の全盛期と同等か、それ以上の力を誇っている。ここで本気を出せば「世界征服」すらも不可能ではないかもしれぬ。

草原の民の息子たちが召集された。チンギス・カンの血脈に連なる皇族たちからも次世代を担う王子や公子たちが出征を命じられた。
そしてオゴデイはユーラシア大陸東西への二大遠征を宣言する。
東に向かってはオゴデイの三男クチュを総司令とする大軍が南宋帝国へ侵攻。
そして西へ向かってはチンギス・カンの長子ジョチの次男バトゥを総司令とする大軍がキプチャク平原およびカフカース、ルーシ(ロシア)への侵攻を担うこととなった。

ジョチよ、汝には西のかた、モンゴル鉄騎の馬蹄の蹂躙し得る限りの地をことごとく与えん。されば汝の子々孫々、とこしえに西方の天地を治めよ

チンギス・カンはかつて、長子ジョチとその一族に西方征服の使命を与えた。バトゥの征途は遠く欧州世界まで及ぶことになる。

Batu.png
(バトゥ、通称サイン・カン)


蒼き狼の血脈 (文春文庫)

新品価格
¥751から
(2015/8/2 16:20時点)

(バトゥを主人公とする小説)



ユーラシア大陸内陸に巨大な草原が広がっているが、その草原はアルタイ山脈からバルハシ湖あたりを境にして東西に分けられる。
東は緑豊かなモンゴリアの大草原。そして西は、水気に乏しく丈の短い草が粗密交々に茂るカザフステップである。
現在のカザフスタン共和国から南ロシア、ウクライナに続くこの平原を、当時はペルシア語で「ダシュティ・キプチャーク(キプチャク平原)」と称した。

Қыпшақ_даласы
(キプチャク平原)

ここはかつてスキタイ、アラン、サルマタイ、フン、アヴァール、西突厥、ハザール王国といった諸集団が興亡した大地である。
そして9世紀にペチェネグ族とキエフ・ルーシに挟撃されてハザール王国が崩壊すると、折からのテュルク西遷の津波がこの地に押し寄せる。
東方から来たテュルク系の諸部族は、おおむねスンナ派イスラームを奉じていた。
原始的なシャーマニズムと入り混じったはなはだ胡乱なイスラーム信仰ではあったが、それでもこの時期からキプチャク平原はイスラーム世界の一角に加わったのである。


13世紀当時、アラル海北方にはカンクリ族、北カフカースにはアス族やアラン族、ヴォルガ流域にはヴォルガ・ブルガール王国が割拠。
そしてカスピ海から黒海にかけて展開する諸部族はペルシア語で「キプチャク」、ルーシ語で「ポロヴェツ」、西方の諸語では「クマン」と総称されている。
いずれもテュルク系諸語を用いる集団である。
モンゴル高原から地続きのこの大地を制圧することで、モンゴル帝国は真にユーラシア大陸の遊牧世界の覇権を手にすることができる。
バトゥの西征の第一目標はキプチャク平原の征服にあった。

ヴォルガ・ブルガール旅行記 (東洋文庫)

新品価格
¥3,240から
(2015/8/2 10:29時点)

(10世紀にアッバース朝カリフの使節としてヴォルガ・ブルガール王国に赴いたイブン・ファドラーンの旅行記)


1236年春、西征が開始された。モンゴル軍はほぼ一年をモンゴリアからの移動に費やし、大河も凍る冬のさなかにキプチャク平原への一斉侵攻を開始した。

「ヴォルガを渡れ!」
「ダシュティ・キプチャークを蹂躙せよ!」

遠征軍の実質的な指揮を取るのは歴戦の老将、スブタイ・バアトルである。彼はかつてホラズム遠征の際に逃亡した敵王アラーウッディーンを追ってキプチャク平原に踏み込んだ経歴を持つ。
スブタイ・バアトルはイルティシュ川からヴォルガ川に進撃し、ほとんど極北の密林に迫るほどに軍を北進させてヴォルガ・ブルガール王国を急襲した。

「すべてを燃やせ!」

ヴォルガ・ブルガール王国はたちまち屈服した。
モンゴル全軍は巨大な翼を南北に展開し、敵対諸部族を追い立てながらカスピ海の北岸を目指して進撃した。


1024px-Kievan_Rus_en.jpg
(ルーシの地)

キプチャク諸部族を帰順させたモンゴル軍は、1237年秋にキプチャク平原の西北の巨大な森林地帯に侵攻した。
ここにはキリスト教東方正教を奉じる定住の民が数多の木造都市に暮らしていた。「ルースカヤ・ゼムリャー(ルーシの地)」、のちに「ロシア」と呼ばれる国々である。

蒼き狼の末裔たちはルーシの大地を駆け抜けた。雪と嵐が吹き荒れ、晴れれば夜空に荘厳な極光が舞う。
ルーシの人々は未知のモンゴル軍を「地獄(タルタロス)から来た民」と呼んで必死に抵抗したが、常勝軍にとってルーシを踏み荒らすことなど児戯に等しかった。

1238年夏、モンゴル軍は南に下って北カフカースを席捲し、クリミア半島を制圧した。そして三度目の冬に群狼たちは再度ルーシに侵攻し、古都キエフを攻め滅ぼした。

Kyiv_Golden_Gate_-_011.jpg
(バトゥが入城したというキエフの黄金の門、むかし現地に行ったら工事中だった……)


「西へ、さらに西へ進め! 地果て海尽きるところまで!」

キプチャク諸部族とルーシの民のなかであくまでもモンゴルへの服従を拒む者たちは欧州に逃げ走った。モンゴル軍も彼らを追う。
チンギス・カンの次男チャガタイの血を引くバイダルはポーランドへ、そして全軍総司令官のバトゥと参謀総長スブタイはハンガリーへ進撃した。
バイダルはレグニツァでシレジア公ヘンリクを撃破し、バトゥはモヒー草原でハンガリー国王ベーラ4世を圧倒した。ハンガリー国王はアドリア海に遁走し、モンゴル軍は国都ブダ(現:ブダペシュト)を占領した。

「石の館に住まうマジャルの民を追い散らせ!」

狼たちは大河ドナウに沿ってさらに西へと進撃した。バトゥは上部ハンガリア(現;スロヴァキア)に接する古都エステルゴムに猛攻を加え、先遣隊はウィーン郊外のウィーナー・ノイシュタットまで到達した。
だが、ここで本国モンゴリアにて皇帝オゴデイ・カアンが病死したとの報が入った。

「全部隊、直ちに戦闘行動を停止せよ! これより我らは東方へ撤退を開始する!」

エステルゴム
(1242年3月、ハンガリー北部のエステルゴムを包囲中にバトゥはオゴデイの死を知った)

モンゴル諸皇族の長子たちから成る遠征軍は、次期皇帝選出のために西方侵攻を停止し、バルカン半島を経てキプチャク平原へ撤退していった。

バトゥはそのままジョチ家の大兵力を率いてヴォルガ河畔に留まり、キプチャク平原と北カフカースを事実上の私領とした。
ジョチ家の国という意味で「ジョチ・ウルス」、のちに「キプチャク・カン国」、あるいはロシア語で「ゾロタヤ・オルダ(黄金天幕の国)」とも呼ばれることになる分国の成立であった。

モンゴル軍のイギリス人使節―キリスト教世界を売った男 (角川選書)

中古価格
¥259から
(2015/8/17 23:21時点)

(バトゥの遠征軍に参加し、オーストリアで処刑されたイングランド貴族の数奇な人生)



聖王とマムルーク

さて、ユーラシア大陸東方でモンゴル帝国が興隆しつつある頃、東地中海では十字軍戦争がなおも続いていた。

神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世が和平協定によって手にした聖都エルサレムがアイユーブ朝に奪還されたことを機に、再び十字軍の結成が呼び掛けられた。
史上「第七次十字軍」と呼ばれるこの遠征軍の主体となったのはフランス王国で、指揮官はカペー朝のルイ9世(在位:1226-1270)。
教会と融和し、フランスの平和を守り、十字軍遠征に身命を捧げたことから、のちに「聖王ルイ(サン・ルイ)」と称えられる人物である。

Louis-ix.jpg
(聖王ルイ9世)


イングランドのリチャード獅子心王が率いた第三次十字軍の敗退以来、聖地の直接攻撃は不可能というのが欧州諸王の常識になっている。
失敗に終わった第五次十字軍と同様、ルイ9世もエルサレムを支配するアイユーブ朝の中枢、エジプトを目指し、1249年6月にナイル河口のダミエッタを占領した。
合言葉は「エルサレムの鍵はカイロにあり」である。


アイユーブ朝はいくつかの分家に分かれていたが、いちおうの宗主であったのはエジプトを統治するアル・カーミルの息子、アル・サーリフだった。
スーダン人の母の血を引いて色浅黒く、口数少なく勇猛果敢、人格高潔な人物であったと伝えられる。

アル・サーリフは若年の頃に北シリアでホラズム軍の残党と何度も戦った経験から軍備増強に力を入れていた。
とりわけ彼が好んだのはマムルークである。ある戦いの時に劣勢となったサーリフを軍の大半が見捨てて逃走するなかで、最後まで彼を守って奮戦し、やがて戦況を逆転させたのがマムルークたちだったのだという。
だからサーリフは機会あるごとに屈強なマムルークを購入し、その軍容を充実させていた。

運が良いことに、近頃はマムルークの市場価格が大幅に下落している。
なんとなれば、モンゴル帝国のキプチャク平原侵攻によって捕虜となったキプチャク諸部族の少年たちがタダ同然で奴隷商人たちに投げ売りされまくっていたからである。

奴隷市場で購入されたテュルク人の少年たちはスルタンへのお目見えを経て軍事学校に入れられ、アラビア語やコーランの暗唱、イスラームの教義・儀礼を徹底的に叩き込まれる。地理や歴史、詩文や法学も教授される。
次いで昼夜を問わぬ猛訓練が課される。とりわけ重視されるのは馬術と弓射と槍術である。
全ての課程を修了し、試験に合格した少年たちは晴れて奴隷身分から解放され、正規のマムルークとしてナイル川に浮かぶローダ島の要塞に配備される。
その総数は一万人を超えた。いまだかつて、これほど大規模なマムルーク軍団は類を見ないものだった。

エジプト人は大河ナイルを「バフル(海)」と呼んでいたため、アル・サーリフのマムルーク軍団は「バフリー・マムルーク(海のマムルーク)」と称された。
エジプトの民衆は粗野で横暴なバフリー・マムルークたちを嫌っていたが、スルタンはこの戦士たちを宝石のように慈しんだ。

だが、アル・サーリフは自慢のバフリー・マムルーク軍を投入して十字軍に決戦を挑むことができない。彼は重度の結核と潰瘍によって死の床にあったのだ。
1249年11月、それでもアル・サーリフは担架に身を横たえながらナイル河口に近いマンスーラに出陣した。無理が祟ったのだろう。この月21日、彼は陣中で息を引き取った。
このとき、アル・サーリフの子のトゥーラン・シャーは一千キロもの距離を隔てる北シリアに駐留しており、エジプト軍の命令権者が不在となってしまった。
ここで登場するのが、テュルク系の元女奴隷と伝えられるアル・サーリフの妃シャジャル・アッドゥル
イスラーム世界の歴史上で屈指の女傑である

シャジャラ=ドゥル―真珠の樹という名のスルタン (歴史群像新書)

中古価格
¥398から
(2015/8/2 11:32時点)



シャジャル・アッドゥルはトゥーラン・シャーの帰国を要請する一方、夫の死を隠してアル・サーリフの名前で軍を動かした。

1250年2月8日、フランス軍は浅瀬を発見してナイル渡河を強行。血気に逸る王弟アルトワ伯ロベールは、王の制止を振り切ってテンプル騎士団とともにマンスーラ市街に突入した。
エジプト軍は混乱し、指揮官ファクルッディーンは鎧を着ける間もなく斬殺された。市民は残虐な異教徒たちの刃から逃げ惑った。
このときシャジャル・アッドゥルの承認のもと、反撃の指揮をとったのが若きマムルークの部将、バイバルス・アル・ブンドゥクダーリーだった。

baybars.png
(隻眼の英雄、バイバルス)

バイバルスはキプチャク平原で生まれ、14歳のときにバトゥの西征に遭遇して捕虜となり、奴隷商人に売られた。
奴隷の市場が供給過剰となるなかで、バイバルスにはなかなか買い手がつかず、彼は奴隷商人とともに中東各地を転々とした。肌が浅黒く、強情で、白内障で隻眼となっていたのが難だったらしい。

シリアのハマーでアイユーブ朝の軍人がバイバルスに戦士としての資質を見出し、ようやく彼を購入する。
その後、バイバルスはスルタン、アル・サーリフの手にわたり、バフリー・マムルーク軍の連隊長に大抜擢されるのである。彼の生年には諸説あるが、まだ20歳前後だったと思われる。
フランス軍が来襲したのは翌年のことだった。


フランス軍が狭い街路に入り込んだ時、エジプト軍の本営で大歓声が上がり、ラッパとドラムとシンバルが激しく打ち鳴らされた。
シャジャル・アッドゥルは鎧をまとって馬に乗り、翻る軍旗のもと、美貌を風に晒して出陣した。
その前衛で若きバイバルスを先頭に、バフリー・マムルーク軍の最精鋭が疾駆する。

「アッラーの他に神なし! フランクどもを殲滅せよ!」
「殲滅せよ!!」


周囲の家々に潜んでいた兵士たちが石や材木を投げ落として街路を封鎖する。フランス軍の騎士たちが動揺するところに、バフリー・マムルークたちが人馬一体となって襲い掛かった。
形勢は一挙に逆転し、フランス騎士たちは剣と棍棒で次々に打ち殺された。エジプト軍が一斉反撃をはじめると市壁の外にいたフランス王の本隊も潰走をはじめた。エジプト軍は敗走する敵軍の背後から「ギリシアの炎」を連射した。
やがて北シリアから戻ったトゥーラン・シャーも合流し、ついにルイ9世は3万の兵士たちとともに降伏した。

聖王ルイ―西欧十字軍とモンゴル帝国 (ちくま学芸文庫)

中古価格
¥2,190から
(2015/8/2 12:04時点)

(ルイ9世の十字軍遠征に随行したジャン・ド・ジョワンヴィルによる回想録)


十字軍に勝利をおさめたのは良いが、エジプト側では内紛が起こった。
シリアから帰国したトゥーラン・シャーは自分の不在中にシャジャル・アッドゥルやバイバルスが勝手に軍を動かし、ほとんど独力で異教徒を打ち破ってしまったという事実に怯えた。
解放奴隷のマムルークやハーレムの女奴隷ごときにこれほどのことができるのならば、正統な王族の拠って立つべきところがないではないか。
トゥーラン・シャーはバフリー・マムルーク軍の粛清に乗り出した。


バフリー・マムルークたちは先手を打って決起した。
1250年5月2日、バフリー・マムルーク軍の幹部であるアクターイ、カラーウーン、アイバク、そしてバイバルスの4人がトゥーラン・シャーを襲撃する。
惨劇は捕虜のフランス王ルイ9世の眼前で展開された。バイバルスがトゥーラン・シャーに斬りつけ、アクターイが止めをさした。

「フランク人の王よ、貴様の敵を討ち果たしてやったぞ。さあ、我らにどんな褒賞を下さるか?」

返り血に塗れた4人のマムルークは、からからと哄笑した。
こうして奴隷軍人たちはサラディンの末裔を殺害し、エジプトを乗っ取ったのである。


彼らは新たなエジプトの主としてシャジャル・アッドゥルを推戴した。
イスラーム世界の歴史が始まって以来、こと中東地域において女性が国家の主権を手にするのは初めてだった。このときはじめて、アラビア語で「女王」を意味する「スルタナ」という言葉が生み出された。
こうしてアイユーブ朝に代わり、「マムルーク朝」が成立する。

フランス王ルイ9世と将兵たちは金貨40万枚という天文学的な身代金と引き換えに釈放されてエジプトを去った。
「スルタナ・シャジャル・アッドゥル」の名を刻んだ硬貨も鋳造された。

Dinar_sheger_ed_durr.jpg
(シャジャル・アッドゥルの名が刻まれた硬貨)

だが、イスラーム法に背馳する女性支配者に対する反発はあまりにも大きかった。シャジャル・アッドゥルは7月にバフリー・マムルーク軍の有力者、イッズディーン・アイバクと結婚して王位を譲った。
ところが、これがバフリー・マムルーク軍の内紛を招いた。アイバクは対立する老将アクターイを暗殺し、その首級をバフリー・マムルーク軍の陣営に投げ込んだ。
もともと横暴なマムルークたちを嫌悪していたエジプトの民衆も騒ぎたった。軍の幹部たちは怖れてエジプトを去り、シリア各地のアイユーブ系諸侯のもとに身を寄せた。

アイバクはアッバース朝カリフのムスタアスィムに使者を送り、エジプトを名目上カリフに献上した。その見返りとしてアイバクは「カリフの名代」と認められた。
要するにマムルーク朝はカリフによって独立国家として承認されたのである。
もちろん一族の宗主を殺されたシリア各地のアイユーブ諸侯たちは納得しない。ダマスクス領主ナースィルがエジプトに宣戦を布告したが、1253年4月にカリフが双方に使者を送り、講和を結ばせた。
モンゴル帝国の西南アジア侵攻に備えた動きであったという。

だが、アイバクの天下も長くは続かない。
バフリー・マムルークの逃散によって軍事的基盤が弱体化したアイバクは、1257年に北イラークのモスルの太守の娘を娶って同盟を結ぼうとした。
これが、それまでアイバクと二人三脚の関係にあったシャジャル・アッドゥルを激怒させた。

「誰がおぬしをスルタンに仕立て上げたのだ!」

シャジャル・アッドゥルは浴室でアイバクを刺し殺した。
絶叫を聞きつけた衛兵たちが全裸のシャジャル・アッドゥルを捕え、女官たちが木靴で彼女を撲殺した。遺体は城塞の窓から投げ捨てられたと伝えられている。


ペルシアの蒼き狼

Audience_de_Möngke
(モンゴル帝国第4代皇帝モンケは東西の諸言語や文学、幾何学にも精通した天才だった)

モンゴル帝国では1251年7月、オゴデイ・カアンの子グユクの死を受けて、チンギス四男トルイの子モンケが第4代カアンとして即位し、王権がオゴデイ家からトルイ家に移行した。

もともとオゴデイ家とトルイ家との間には、帝位をめぐる暗闘が繰り広げられていた。西征の指導者バトゥと結んで帝位を手にしたモンケは、対立するオゴデイ家やチャガタイ家の大粛清を行なった。
苛烈な専制君主の登場に帝国は激しく動揺する。それを鎮めるためにはチンギス以来のお家芸ともいうべき挙国一致の征服戦争しかない。


モンケはユーラシア東西への二度目の大遠征を発令した。
二弟クビライを「漠南漢地大総督」に任命し、南宋帝国を中心とする東アジアの制圧を。
そして三弟フレグには中途で停滞しているイラン高原征服に続いてアッバース朝カリフの打倒、そして地中海方面への進出を。

モンケは東西の学術に精通し、東は金国から西はルーシまでを駆け巡った戦歴を持つ。個人としての視野の広さにおいて、この時代ではほとんど並ぶものがない。

大海に四方を囲まれたユーラシア。いまやその過半は大モンゴルの隷下にある。残る敵対勢力は南宋帝国、アッバース朝、マムルーク朝とその彼方、インドとヨーロッパ、そして南洋の島々ぐらいであろうか。
領土が広がるにつれて、この世界の大きさもわかってきた。想像していたよりも大きいが、決して手が届かないほどではない。
偉大なる祖父のチンギスは宣言した。蒼き狼の末裔は不滅の蒼天のもと、地果て海尽きるところまでを手にするのだと。あと数十年のうちにそれは現実となるに違いない。


武将サリ・ノヤンが恐るべき君主に渾身の勇気を振り絞って問いかけた。
「されば我らは何時までカアンの仰せられる土地に留まれば良いのでしょう」
モンケは簡潔に答えた。
「永遠に」
彼の言辞は常に簡潔だった。


モンケ・カアンは夢見ていた。

――世界征服を。
人類の歴史上、ただの一度も実現したことのないその夢想に、モンケ・カアンほどに接近した者は他にほとんどいない。


Hulagu_1.jpg
(モンゴル帝国の西南アジア遠征総司令官、フレグ)

モンケはイラン方面に展開していたモンゴルの前衛部隊や服属国をことごとくフレグ指揮下に再編した。

このときまでに前線部隊「探馬軍」の活躍により再興ホラズム・シャー朝が崩壊し、ルーム・セルジューク朝やグルジア王国、キリキア・アルメニア王国、ケルマーン・カラヒタイ朝、ファールスのセルジューク系サルグル朝などがモンゴルに従っていた。
だが、いまだに服従を肯んじぬ勢力が残っている。北部イランのイスマーイール派暗殺教団と、バグダードのアッバース朝カリフ政権である。
モンケとフレグは最初にこれらの抵抗勢力を血祭りにあげ、東地中海に進出するつもりだった。その後はシリア・エジプトを制圧し、アラビア半島の両聖都を掌握し、地中海を越えてマグリブや欧州まで兵を進めることとなろう。


1255年、サマルカンド南方のキシュでイラン高原諸王の出迎えを受けたフレグは、遠征軍の最初の目標をイスマーイール派暗殺教団の制圧であると公布した。
先年、彼らは暗殺者の集団を帝都カラコルムに差し向けて皇帝モンケの生命を狙ったことが判明している。放置すべからざる脅威であった。

黎明に叛くもの (中公文庫)

新品価格
¥1,028から
(2015/8/2 14:12時点)

(フレグの西アジア遠征と日本の戦国時代の物語が入り混じる謎小説)


モンゴル帝国の大遠征軍が迫るにつれて、暗殺教団は呆気なく崩壊をはじめた。
そもそも暗殺教団はすでに衰退期に入り、初期の団結を失っていた。モンゴルの脅威に怯える者たちが教主ムハンマド3世を殺害し、後を継いだルクヌッディーン・フルシャーは融和と赦免を求めて幾度もフレグに使者を送った。
だが、フレグの進軍は止まらない。

1256年1月1日、モンゴル軍はアム川を越えてイランの地に入った。
モンゴル軍は半年以上かけてゆるゆると西進を続けた。暗殺教団はモンゴル騎兵の行動を阻む雪の訪れを待ち続けた。だが、日増しに寒さが増すにも関わらず、エルブルーズ山脈に雪は舞おうとしなかった。
モンゴルの圧迫に耐え兼ね、教主は11月の末にマイムン・ディズの城塞を出て無条件降伏した。その直後、ようやく雪が降りはじめた。

教主はモンゴル軍の監視を受けながら、エルブルーズ山中に隠された教団の諸城をめぐり、次々に降伏を勧告。
ひととおりのことが終わると彼は帝都カラコルムに護送されるが、モンケ・カアンは教主の謁見を拒否した。モンケは汚らわしい暗殺教団の教主を許す気など端からなかった。
帰途、アルタイ山脈で教主ルクヌッディーン・フルシャーはモンゴル兵たちに殺害された。同時にフレグもイラン高原に残った教団幹部たちを全て処刑し、わずかばかりの残党はインドへ亡命した。

1280px-Hulagu_Baghdad_1258.jpg
(バグダードを包囲するモンゴル軍)

フレグは軍を大きく旋回させた。
羊のようにゆるゆると行軍を続けてきたモンゴル軍は突然猛烈な速度でイラン高原を駆け下り、イラーク平原に殺到した。蒼き狼の末裔たちはついに本性をあらわした。

1257年秋、モンゴル全軍はティグリス河畔に達し、公称12万の大軍勢で帝都バグダードを完全包囲する。
アッバース朝第2代カリフのアブー・ジャアファル・マンスールが全イスラーム世界の都として築いたマディーナト・アッサラームに、ついに最後の時が迫ろうとしていた。

「汝の王朝がいかに由緒正しきものであれ、今や汝は真実を知らねばならぬ。
月が光を放つのは、輝く太陽なき夜のみである。我らはついに来た。太陽を燈火と見誤ることなかれ。
チンギス・カンの時代より今に至るまで、我らモンゴルによって世界が如何に変化したかを汝も聞いておろう。
我らの憎しみと怒りを避けよ。無用の苦しみを味わうことなく我らに従うべし。されば領土も軍隊も臣下も汝の手元に留まろう。
だが、ひとたび我らに逆らえば、我らは蟻のごとく数多く象のごとく強力な軍勢を、憤怒のうちにバグダードに差し向ける。
天にのぼり地に潜って隠れようとも、我らは汝を見つけ、天頂から引きずりおろし、獅子のごとく高みから奈落へ突き落すであろう」

(フレグの降伏勧告)


ときのカリフは第37代ムスタアスィム(在位:1242-1258)。
衰えたりといえども、アッバース朝カリフはスンナ派ムスリムたちの唯一の主権者としての権威を維持している。
モンゴル軍に随行していたムスリムの学者たちは、アッラーの裁きをも恐れぬフレグに向かってバグダード攻撃を必死に諌止した。
カリフを殺せば天地が覆り、世界が滅びるであろうと彼らは主張した。

だが、モンゴル軍に従う者はムスリムだけではない。
チベットから来た仏教僧たちや、グルジア・アルメニアのキリスト教徒たちは、ムスリムの主張を嘲ってフレグに一刻も早い開戦を求めた。アッバース朝の権威を認めないシーア派ムスリムたちもカリフの強弁を冷笑した。
ためにフレグは彼らを嘉し、バグダード陥落後に城内のキリスト教徒たちを保護することを約束した。
フレグ自身は仏教徒だったが、彼の一族や側近にはネストリウス派キリスト教徒が多く、キリスト教徒に親近感を持っていたと伝えられる。


カリフは降伏を断固拒絶した。

「五百年来、揺るぎなきアッバース朝は、最も小さな風によっても覆るチンギス・カンの帝国のごとき、数多の王朝の興廃を眺めてきた。
モンゴルごときがなにゆえ我らの王朝を倒せると思うのか。
歴史を知る者に尋ねるがよい。我らの王朝は堅固にして世界の末日まで存続する。
アッバース朝の都城を攻撃した王侯たちはことごとく非業の最期を遂げてきた。
十日の幸運に恵まれた青二才よ、汝は己を世界の王と見なし、己が命令を運命の判決のごときものと思うのか。
世界の東から西に至るまで、アッラーを崇める者は王も物乞いも全て我らの命に従い馳せ参じよう。
余がひとたび欲すれば、いにしえの遺民のみを以てたちまちイランとトゥラーンを制することも叶おう。
闘う気があるのならば、あれこれ言い訳せずに挑んで来るがよい。我らは歩騎数百万の大軍を擁し、海の水をも干上がらせん」

(カリフ・ムスタアスィムの返答)


交渉は決裂した。

1258年1月29日に総攻撃が開始され、2月5日に城壁が破られた。
『元史』によればバグダードの城壁を崩したのは漢族の将軍、郭侃(かくかん)であったという。カリフの虚勢とは裏腹に、世界の東西の大軍を擁していたのはモンゴルの方だった。

2月10日、カリフ・ムスタアスィムは降伏し、貴人の礼をもって処刑された。
かくてアッバース朝イスラーム帝国は滅亡した。


西暦1260年、フレグはシリアに兵を進めた。
2世紀近く争い続けたキリスト教勢力とイスラーム勢力は、圧倒的に強大な第三勢力の出現を目の当たりにした。
彼らは日頃の敵味方の区別なく雪崩を打ってフレグの陣営に馳せ参じ、モンゴル帝国への服従を誓約した。
正教を奉じるアルメニア王ヘトゥーム、カトリックを奉じるアンティオキア公ボヘモンド6世、イスラームを奉じるアイユーブ家のナースィルが、ともにフレグに忠誠を誓い、轡を並べてダマスクスに入城する。
それまでの血みどろの歴史を思えば、それは喜劇的な光景ですらあった。

だが、ここで帝都カラコルムより凶報が届いた。モンゴル皇帝モンケ・カアンの急死である。


巨人の泉

Qubilai_Setsen_Khaan.jpg
(モンケの弟にしてフレグの兄、漠南漢地大総督にして後の皇帝、クビライ)

フレグの西アジア遠征と並行して、モンケ・カアンのもう一人の弟であるクビライが中華世界南半に君臨する南宋帝国の征服を目指していた。
モンゴル人が「マンジ」あるいは「ナンキアス」と呼ぶ南宋帝国は、この時期、全世界でもっとも富裕な国家だった。底知れぬ国力を誇る南宋を経略するにあたり、クビライは周到な戦略を立てた。
まず、南宋の領土の西方を大きく迂回してチベット高原東部から雲南の大理王国に侵攻し、さらに北部ベトナムの陳氏大越国に進出し、南から南宋を牽制する。
ついで華北燕京の金蓮川(現;北京)に本営を設置し、朝鮮半島の高麗王国を従え、モンゴルに従う漢族の諸軍閥と協力しつつ、南宋を徐々に疲弊させる。

1280px-DSCN1728.jpg
(クビライはチベット・雲南遠征にあたり、中国共産党の長征ルートよりも奥地の山岳地帯を行軍した)

だが、果断なモンケから見てクビライの戦略はあまりにも悠長に思えた。苛立ったモンケは突然クビライを「漠南漢地大総督」から罷免し、自ら南宋征服の前線指揮を執り始めた。
それが仇となった。フレグがシリアに兵を進める頃、四川の釣魚山(現;重慶)を攻撃していたモンケは陣中に蔓延した疫病に罹患し、急死してしまうのである。
一説には南宋軍の流れ矢に当たって戦死したともいう。


総司令官から格下げされ、別働隊を率いて長江を目指していたクビライは、兄の死を知っても撤退しなかった。
なぜならば、北部ベトナムの昇竜(タンロン、現在のハノイ)からスブタイ・バアトルの子、ウリヤンカダイの軍が北上中だったのだ。
最初の計画ではウリヤンカダイとクビライは長江中流の鄂州(現;湖北省武漢付近)で合流して南宋帝都の臨安(現;浙江省杭州)を目指す手はずだった。

クビライが兵を退けばウリヤンカダイ軍は敵国のただ中で全滅してしまうことだろう。
彼はあくまで南進を続け、モンゴル帝国の戦史上はじめて長江を越えた。東ユーラシア各地に展開していたモンゴル諸軍は彼の信義と果敢さに驚嘆した。
退路をもとめて華南をさまよっていたウリヤンカダイ軍はクビライとの連絡に成功し、奇跡的に死地を脱した。
皇弟クビライの名声は天を衝いた。東ユーラシアのモンゴル諸王家はこぞって彼を第5代カアンに推戴した。

ところがその頃、モンゴル高原では留守を預かっていたモンケの末弟、アリク・ブケが先帝モンケの霊柩を前にクリルタイを開催し、カアンに即位していたのである。
モンゴル帝国の伝統からすれば、むしろアリク・ブケの方にこそ正統性があった。
かくてクビライとアリク・ブケという血を分けた兄弟たちのあいだで帝位継承戦争が勃発する。

Ariq_Böke
(アリク・ブケ)


アレッポでモンケ・カアンの死を知ったフレグは、自軍のほとんどを率いてイラン高原に旋回した。
歴史家としても名高いキリキア・アルメニア王のヘトゥームは、「兄の死を知ったハオルー(フレグ)は帝位を渇望してシリアを出発した」と伝えている。

彼がタブリーズに達したとき、アリク・ブケとクビライの即位の報が相次いでもたらされた。
フレグは帝位継承戦争に完全に出遅れた。西南アジアは帝国中央部からあまりにも遠かった。
彼は東の情勢を横目で眺めつつ、征服した土地を私領に再編しはじめた。それはかつて、オゴデイ・カアンの急死によって欧州より撤退した従兄バトゥが行ったのと同じことだった。

モンゴル諸王家から抽出された諸軍を乗っ取り、全モンゴルの共有財産である土地と被征服民を私物化するのは容易ではない。
それこそ、いまはバトゥの弟ベルケが君臨する西北ユーラシアのジョチ・ウルスなどが強烈な抗議を申し立ててくることは想像に難くない。
なにしろジョチ・ウルスはカフカス南麓、アゼルバイジャン地方の利権を欲して総勢1万もの騎馬軍団をこの遠征に供出しているのだ。

だが、うかつに遠征軍を解散させれば、西南アジア全土で一斉に反モンゴル蜂起がはじまる恐れもある。東方の形勢次第ではこの軍事力を擁してモンゴル高原に進撃する可能性もある。
この地で地盤を固めることがフレグにとって現状最善の策だった。

こうして、ほとんどなし崩し的に「フレグ・ウルス」、あるいは「イルハン国」と呼ばれる分国が誕生した。

Ilkhanate_in_1256–1353
(フレグ・ウルス、通称イルハン国)


一方、モンゴルの脅威に直面したエジプトのマムルーク朝では、シャジャル・アッドゥルに殺害されたアイバクの副将、ムザッファル・クトゥズがアイバクの実子を廃してスルタンとなった。
クトゥズの出自ははっきりとせず、一説ではホラズム・シャー朝の最後のスルタン、ジャラールッディーンの甥を自称していたともいう。

1260年、モンゴル軍がシリアに進出する。
シリアのアイユーブ諸侯は右往左往し、アイバクの粛清を避けてシリアに亡命していたバフリー・マムルークたちは続々とエジプトに帰国した。
彼らの多くは、かつてキプチャク平原でモンゴル軍の侵攻を目の当たりにしている。故郷を奪った怨敵がついにこの地にやって来たのだ。
この時エジプトに戻ったマムルークたちのなかに、マンスーラでフランス軍を破ったバイバルスがいた。
バイバルスの才幹を高く買っていたクトゥズは、さっそく彼を作戦会議に列席させた。

2月、フレグはエジプトに降伏を勧告した。避難民でごった返すアル・カーヒラは恐慌状態になった。
クトゥズはバイバルスの進言を入れてフレグの使者たちを処刑し、その首級をズワイラ門に掲げて徹底抗戦の意を示した。

勝敗は神の定めるところ。我らは己が務めを果たそう。イスラームの民に断じて我らを臆病者と呼ばせはせぬ


フレグがシリアを去るのと前後してマムルーク軍が出陣する。
国境を前に多くの部将たちが進軍を拒んだが、クトゥズは断固として前進を命じた。

イスラームの民の首領たちよ! 汝らは長きにわたり国家の俸禄で養われてきたというのに、聖戦を前にしり込みするのか!
我は進軍する。戦う勇気のある者は我に従え。勇気なき者は引き返せ。だが、アッラーはかかる臆病者を見逃しはせぬ。ムスリムの乙女らの恥辱はかかる臆病者どもの責に帰すのだ


クトゥズは太鼓を打ち鳴らさせて進軍を再開した。二の足を踏んだ部将たちも、他将に引きずられるようにシナイの砂漠へ入っていった。
モンゴルの前衛部隊はガザまで達していたが、バイバルスが率いるエジプト軍の先遣隊はは彼らを鎧袖一触で破る。
アッカの十字軍勢力は不気味なモンゴル勢よりも勝手知ったるムスリム勢力と手を組むことを選び、中立を誓って物資を供給した。

800px-Three_Mamelukes_with_lances_on_horseback.jpg
(マムルークの騎兵)


フレグはイラン高原へ撤退するにあたり、ナイマン出身の部将キト・ブカ・ノヤンに1万3千の騎兵を預けてシリアに残した。
1万3千の純騎兵は、この当時のユーラシア大陸では相当に強力な軍事集団といってよい。キト・ブカ・ノヤンが単独でさらなる南進をはじめたことは、必ずしも無謀というに当たらないだろう。

だが、キト・ブカ・ノヤンは見落としていた。
モンゴルの戦士たちはいかに強くとも、実際には専業の軍人ではない。彼らの本質は草原の遊牧民であり、日頃の狩猟や騎行で身に着けた技量や統制を戦闘に応用しているに過ぎない。
それでもこれまでの征服戦争は常に順調に進んできた。中央ユーラシアの遊牧民たちは特段の軍事訓練など施されなくても、十分すぎるほどに強力だった。

だが、そんな遊牧民たちが明確な目的のもと、常日頃から猛烈な軍事訓練を繰り返していたとすればどうだろう。
無敵を誇ったモンゴル軍といえども、彼らと同質の素質をさらに磨き立てた専業軍人たちに勝てるわけがない。
当時のバフリー・マムルークたちは、まさしくそのような存在だった。
半世紀以上にわたってほとんど不敗を誇ったモンゴル軍が、いまだかつて遭遇したことのない強敵だった。彼らはモンゴルとほとんど瓜二つの双生児だった。

432px-Campaign_of_the_Battle_of_Ain_Jalut_1260_svg.png
(アイン・ジャールートの戦い)

1260年9月3日、北上するバフリー・マムルーク軍と南進するモンゴル軍は、ガリラヤの丘陵地帯で激突した。
そこには小さな川が流れており、「アイン・ジャールート」と呼ばれていた。
アラビア語で「ゴリアテの泉」。旧約聖書でイスラエルの若き戦士ダヴィデが巨人ゴリアテを倒した土地と伝えられる。

「アッラーよ、クトゥズにモンゴルへの勝利を与えたまえ!」

キプチャク平原に生を受け、エジプトの地で日夜猛訓練を重ねたマムルークの精鋭たちは、敵のモンゴル軍が常套とする戦術を採用した。
バイバルス率いる一隊が囮となってモンゴル軍を入り組んだ丘陵の奥へ誘導し、周囲に潜んだクトゥズの本隊が一斉に襲い掛かる。
矢は空を覆い、バイバルスの騎兵隊は急転してモンゴル軍に殺到した。

「おお、イスラーム、イスラームよ!」

マムルークたちはこう叫んだと伝えられている。
モンゴル軍は万里の長征の果て、いにしえの巨人ゴリアテのごとくアイン・ジャールートの荒野に骸を晒して敗れ去った。
建国より半世紀、ユーラシア大陸の過半を制した帝国の不敗神話はついに崩壊した。

敗将キト・ブカ・ノヤンは昂然と死を受け入れた。

「一時の勝利に驕るな! 我が主フレグが我が死を知れば、その心は荒海のごとく煮えたぎり、アゼルバイジャンの入り口からエジプトまでをモンゴルの騎兵が埋め尽くすであろう!
我は終生、主君への忠義を尽くした! 貴様らごとき主殺しの奴隷どもとは違うのだ!」


バフリー・マムルーク軍はモンゴル軍の消え失せたシリアの野を疾駆する。
フレグが任命した代官たちは町々で虐殺され、フレグが保護したキリスト教徒たちも殺戮された。
クトゥズはまもなくダマスクスに入城し、シリア北部に残ったモンゴルの一隊はアナトリアに撤収した。
オセロの盤面が一気に入れ替わるように、ユーフラテス川以西のシリア全土が数週間でマムルーク朝に制圧された。

1280px-Jenin01_Jusmine.jpg
(現在のアイン・ジャールート付近)


キト・ブカ・ノヤンはバフリー・マムルークたちを「主殺しの奴隷ども」と痛罵して死んだ。それは真実である。

赫々たる勝利を経ての凱旋の途上、バイバルスは恩賞の請願を装って数人の仲間とともにクトゥズに近づいた。
一瞬の隙を衝いて、ある者がクトゥズの両腕を掴み、ある者が彼を背後から蹴りつけ、ある者が彼を砂上に打ち倒した。そしてバイバルスが長剣を掲げて彼の心臓を突き刺した。

「またぞろやらかしたのか、若造ども」
「よくあることだ」
「さて、このような場合にはスルタンを殺した者が次のスルタンとなるのが通例である。クトゥズの息の根を止めたのは誰じゃ」
「それは俺だ」
「ならばバイバルスよ、おぬしが玉座に上れ。そしてまずは誓うのだ。我らによりよき利益と栄誉と安寧をもたらすことを」


アル・カーヒラの民衆は奇跡の勝利に沸き返った。誰もがバイバルスを絶賛した。
誰もクトゥズの名前など口にしなかった。バフリー・マムルークの暴虐さや不信義を罵る者もいなかった。まさに触らぬ神に祟りなしだった。

「アルマリク・アッザーヒル(勝利王!)」

マムルーク朝第5代スルタン、アルマリク・アッザーヒル・バイバルス・アル・ブンドゥクダーリー。
モンゴルを破り、十字軍を駆逐し、エジプトに未曾有の繁栄をもたらす英雄の時代がはじまろうとしている。

復讐、そして栄光〈上〉 (光文社文庫)

中古価格
¥205から
(2015/8/2 16:18時点)

(バイバルスを主役とする歴史小説)



中華世界の歴史 年表

孔子曰く「故きを温ねて新しきを知る。以て師と為るべし」

<殷王朝以前>
(「歴史」1~4)
紀元前3000年頃 長江下流域で良渚文化が繁栄、稲作と都市の痕跡・王権の萌芽
紀元前2000年頃 良渚文化が崩壊
              →(?)華南に印文陶が広がる(「百越」世界の起源?)
              →(?)伝説上の夏王朝創建
紀元前1600年頃 黄河中流域で二里頭文化が成立、伝説上の夏王朝滅亡・殷王朝創建

<周王朝>
(「歴史」5~7)
紀元前1046年頃? 牧野の戦い
              →殷王朝滅亡・周王朝成立(「殷周革命」)
紀元前1040年頃? 周公の執政、黄河中下流域で周王家の一派と殷の残存勢力が大規模反乱を起こす(「三管の乱」)
紀元前977年頃? 第4代昭王が南征し、長江付近で行方を絶つ
紀元前950年頃? 第5代穆王が西征を行なう(三星堆文化圏に到達?)
紀元前857年頃 第10代厲王が即位、周王朝衰亡の端緒とされる
紀元前771年 犬戎が鎬京を襲撃
              →幽王戦死、西周時代の終焉

<春秋時代>
(「歴史」8~10)
紀元前722年頃~ 鄭が中原の覇権を握る
 紀元前719年 鄭の荘公が五ヶ国連合軍を撃退(「東門の役」)
 紀元前707年 鄭の荘公が周王軍を破る(「繻葛の戦い」)

紀元前682年頃~ 斉が中原の覇権を握る
 紀元前664年 斉の桓公が山戎を討つ
 紀元前656年 斉の桓公が楚の北進を阻止する(「召陵の盟」)
 紀元前651年 斉の桓公が覇者として公認される(「葵丘の会盟」)

紀元前642年頃~ 宋が中原の覇権掌握を試みるも失敗
 紀元前639年 宋の襄公が会盟の席上で捕縛される(「盂の会盟」)
 紀元前638年 宋の襄公が楚に大敗する(「泓水の戦い」)

紀元前636年頃~ 晋が中原の覇権を握る
 紀元前636年 晋の文公が帰国する
 紀元前635年 晋の文公が周王家の内紛を鎮める
 紀元前632年 晋の文公が楚の北進を阻止し(「城濮の戦い」)、覇者として公認される(「践土の会盟」)

紀元前606年頃~ 楚が中原の覇権を握る
 紀元前606年 楚の荘王が周王を威圧する(「問鼎」)
 紀元前596年 楚の荘王が晋を破る(「邲の戦い」)
 紀元前585年 呉人の族長・寿夢が王を称する 

紀元前575年頃~ 晋が再び中原の覇権を握る
 紀元前575年 晋の厲公が楚の共王を破る(「鄢陵の戦い」)
 紀元前546年 晋と楚が講和(「弭兵の会盟」)し、晋楚争覇の時代が終わる

紀元前546年頃~ 二極構造の崩壊
 紀元前536年 鄭の子産が成文法を制定
 紀元前506年 呉王闔閭が楚を撃破し、郢を占領する(「柏挙の戦い」)
 紀元前498年 魯の孔丘(孔子)が三桓氏排斥に失敗して追放される
 紀元前496年 越王勾践が呉王闔閭を敗死させる(「檇李の戦い」)
 紀元前494年 呉王夫差が越王勾践を破り、降伏させる(「夫椒・会稽の戦い」)
 紀元前482年 呉王夫差が一時的に中原の覇者として公認される(「黄池の会盟」)
 紀元前473年 越王勾践が呉を滅ぼす(「姑蘇の戦い」)
 紀元前473年 越王勾践が淮水流域に進出し、中原の覇者として公認される(「徐州の会盟」)
 紀元前453年 趙氏・魏氏・韓氏が晋を事実上分割する(「晋陽の戦い」)
 紀元前403年 晋が趙・魏・韓の三国に分裂する(春秋時代の終焉

<戦国時代>
(「歴史」11~13)
紀元前388年 斉で田氏が王位を簒奪
紀元前362年 秦で孝公が即位
紀元前341年 斉が魏を大敗させる(「馬陵の戦い」)
紀元前340年 秦が魏から河西を奪還
紀元前334年 越が滅亡
 →越人が山東・安徽・福建・広東・広西・朝鮮半島・日本列島に四散?
  →華南、朝鮮半島南部、日本列島西部における国家形成プロセスの始動?
紀元前333年 六国対秦同盟が成立(「合従」)
紀元前317年 六国対秦同盟が瓦解
紀元前316年 秦が巴蜀を征服
紀元前314年 燕で内紛が起こり、斉が燕を一時占領
紀元前313年 楚が対秦包囲網から離脱(「連衡」)
紀元前307年 秦で昭襄王が即位、趙で武霊王が軍制改革を行う(「胡服騎射」)
紀元前293年 秦の白起が韓魏連合軍を撃破(「伊闕の戦い」)
紀元前288年 斉王と秦王が東帝と西帝を称する
紀元前285年 燕の楽毅が斉の臨淄を陥落させる
紀元前279年 秦が楚の西半を奪う
紀元前260年 秦の白起が趙を撃破(「長平の戦い」)
紀元前256年 秦が西周王朝を滅ぼす
紀元前246年 秦で政王が即位
紀元前238年 秦で嫪毐が反乱を図って失敗し、呂不韋が失脚(「長信公の乱」)
紀元前221年 秦が天下を統一し、秦王政が始皇帝を称す

※当時の年代については異説が多数あります(とくに平勢某教授)
※とりわけ周王朝前期以前の年代は曖昧です



新編 史記東周年表―中国古代紀年の研究序章

中古価格
¥30,000から
(2014/12/9 22:40時点)

(これが上記の「異説」)




<秦王朝/楚漢戦争>
(「歴史」14)
紀元前210年 始皇帝が崩御
紀元前209年 旧六国で同時多発反乱(「陳勝・呉広の乱」など)
 冒頓単于が匈奴の支配者となる
 趙陀が南海郡(広東)で自立し、南越の武帝を称す
紀元前208年 楚の項羽が秦軍を破り、反乱諸勢力の盟主となる(「鉅鹿の戦い」)
紀元前207年 楚の劉邦と項羽が秦を滅ぼし、十八王の封建が行われる
紀元前206年 諸王の自立が相次ぐ(「楚漢戦争」開始)
紀元前203年 漢の劉邦らが楚の項羽を滅ぼす(「垓下の戦い」)

<前漢王朝>
(「歴史」15~)
紀元前202年 漢の劉邦が皇帝に推戴される(「前漢」成立)
紀元前201年 漢帝劉邦が楚王韓信を打倒
紀元前200年 漢帝劉邦が匈奴の冒頓単于に屈服(「白登山の包囲」)
 →匈奴帝国が漢帝国を事実上の属国とする
紀元前196年 漢帝劉邦が趙王彭越と淮南王黥布を打倒
紀元前195年 漢帝劉邦が燕王盧綰を打倒
 →燕の衛満が箕氏朝鮮を滅ぼし、衛氏朝鮮を建てる
 漢帝劉邦が崩御し、呂后が実権を握る
紀元前180年 呂后が死去し、呂氏専権が終わる
 →代王劉恒が皇帝となる(「文帝」)
紀元前177年頃 匈奴帝国が北アジアの覇権を握る
紀元前154年 漢帝国の東方諸王が反乱(「呉楚七国の乱」)
 →反乱鎮圧により漢帝の実効支配が漢帝国全域に貫徹
紀元前141年 膠東王劉徹が皇帝となる(「武帝」)
紀元前138年 漢帝国が東甌王国を併合
紀元前133年 「大匈奴戦争」勃発(「馬邑の役」)
紀元前127年 衛青、オルドスを奪回
紀元前121年 霍去病、河西回廊を制圧
紀元前119年 衛青と霍去病、漠北に遠征
 →匈奴帝国、ゴビ沙漠以南より撤退
紀元前110年 漢帝国、閩越王国を完全に滅ぼす


イスラーム世界の歴史 年表

アクセス解析すると、どうもこの記事が一番集客力あるような気がする。


Abbasids850.png
(アッバース朝イスラーム帝国)

イブン・ハルドゥーン曰く「歴史学は多様な理論を持つ学問である。その有用な面は極めて多く、その目的は高貴である」


<第一部 統一帝国の時代>

(「歴史1 夜明け前」)
570年 「預言者」ムハンマド誕生

(「歴史2 時代の使徒ムハンマド」)
610年 ムハンマドが最初の啓示を受ける
622年 ムハンマドと原初イスラーム教団がマディーナに移住(聖遷;ヒジュラ)

(「歴史3 アラビア半島の支配者」)
624年 バドルの戦い
625年 ウフドの戦い
627年 ハンダクの戦い
628年 フダイビーヤの和議
  (※この年、ビザンツ帝国とサーサーン朝が講和)
630年 ムハンマドがマッカ入城、「遣使の年」

(「歴史4 代理人の時代」)
632年 ムハンマド没、アブー・バクルが初代カリフとなる、リッダ戦争開始(~633)

(「歴史5 大征服の序章」)
633年 大征服戦争開始
634年 アブー・バクル没、ウマルが第二代カリフとなる
636年 ヤルムーク河畔の戦い(シリア征服)
637年 カーディスィーヤの戦い(イラーク征服)
641年 アレクサンドリア陥落(エジプト征服)
642年 ニハーヴァンドの戦い(サーサーン朝ペルシア崩壊)

(「歴史6 内乱と分裂」)
644年 ウマル没、ウスマーンが第三代カリフとなる
656年 ウスマーン殺害される、アリーが第四代カリフとなる、駱駝の戦い(第一次内乱;~661)

(「歴史7 シーア派誕生」)
657年 スィッフィーンの戦い(ムアーウィヤ優位確立)、ハワーリジュ派誕生
660年 ムアーウィヤがウマイヤ朝初代カリフとなる(ウマイヤ朝開始)
661年 アリー殺害される(正統カリフ時代終焉)
680年 ムアーウィヤ死去、ヤズィードが第二代カリフとなる、カルバラーの悲劇

(「歴史8 第二次内乱」)
683年 イブン・アッズバイルが挙兵(第二次内乱;~697)
691年 イブン・アッズバイル敗死

(「歴史9 諸国征服の世紀」)
694年 アル・ハッジャージュがイラーク総督に就任、中央アジア・シンド征服戦争開始(~715)
698年 マウレタニア征服
711年 イベリア侵攻、グアダレーテ河畔の戦い(西ゴート王国征服)
732年 トゥール・ポワティエの戦い(ヨーロッパ進出停止)

(「歴史10 黒旗の革命軍」)
747年 アブー・ムスリムの挙兵(アッバース革命開始;~750)
749年 サッファーフ即位(アッバース朝開始)
750年 マルワーン2世敗死(ウマイヤ朝滅亡)

(「歴史11 神の給うた都)
751年 タラス河畔の戦い(イスラーム帝国と中華帝国の遭遇)
754年 サッファーフ没、マンスールがアッバース朝第二代カリフとなる
755年 アブー・ムスリム処刑
756年 ジャアファル・アッサーディク没、イスマーイール派と十二イマーム派の分裂(→歴史13)、後ウマイヤ朝成立(→歴史14)
762年 バグダード建設開始

(「歴史12 ザンジュとグラーム」)
786年 ハールーン・アッラシードが第5代カリフとなる
803年 バルマク家の粛清
806年 ラーフィー・イブヌル・ライスの反乱、ハールーン・アッラシード没
811年 アミーンとマアムーンの内乱開始(~813)
821年 ターヒル・イブン・フサインがホラーサーン総督に就任(ターヒル朝成立)
830年 「知恵の館」設立
833年 マアムーン没、ムウタスィムが第八代カリフとなる、グラーム軍団拡大
836年 サーマッラー遷都
  (※840年 モンゴル高原でウイグル可汗国が崩壊し、「テュルク族の西進」がはじまる(→歴史16))
868年 エジプト総督アフマド・イブン・トゥールーンが自立(トゥールーン朝成立→歴史13)
869年 ザンジュの乱(~883)

(「歴史13 東西の暗雲」)
873年 ヤアクーブ・イブン・アルライスがターヒル朝を滅ぼす(サッファール朝成立)、ナスル・サーマーニーが自立(サーマーン朝成立)
874年 第十二代イマームのムハンマド・ムンタザルがガイバ(幽暗)に入る(「隠れイマーム」信仰の成立)
899年 イスマーイール派のウバイドゥッラーがマフディーを自称、イスマーイール派(本流)とカルマト派の分裂
909年 ウバイドゥッラーがカリフを称する(ファーティマ朝成立)
912年 後ウマイヤ朝のアブドゥルラフマーン3世が即位(→歴史14)
929年 アブドゥルラフマーン3世がカリフを称する(→歴史14)
930年 カルマト派がマッカの黒石を奪う(~951)
936年 アブドゥルラフマーン3世が新都ザフラーの建設を開始(→歴史14)
945年 ブワイフ朝のアフマド(ムイッズ・ウッダウラ)がバグダードに入城(ブワイフ朝時代の開始)
960年 カラ・ハン朝で天幕二十万帳のテュルク人がイスラームに改宗したとされる(→歴史16)
962年 サーマーン朝のアルプテギンがガズナで独立(ガズナ朝成立→歴史16)
969年 ファーティマ朝がエジプトを征服、アル・カーヒラ(カイロ)建設


ここからマグリブ(西方イスラーム世界)とマシュリク(東方イスラーム世界)に分岐します! 注意! 見比べるのもお勧め!


<第二部 群雄割拠の時代――マグリブ>

(「歴史14 アンダルスの栄華」)
978年 後ウマイヤ朝でムハンマド・イブン・アビー・アーミルがハージブ(侍従)に就任し事実上の最高権力者となる
1008年 アーミル家のサンチュエロが後ウマイヤ朝の実権を掌握(後ウマイヤ朝崩壊のはじまり)
1031年 後ウマイヤ朝が滅亡、タイファ(諸侯国)時代がはじまる

(「歴史15 ナバス・デ・トロサへの道)
1039年 イブン・ヤースィーンがセネガル河口にリバートを建設(ムラービトゥーンの起源)
1051年 ズィール朝がファーティマ朝から離反、ヒラール族のイフリーキヤ侵入
1054年 アルモラビッドの聖戦がはじまる(ムラービト朝起こる)
1086年 ムラービト朝がアンダルスに進出、サグラハスの戦い(ムラービト朝勝利)
1125年 イブン・トゥーマルトが蜂起(ムワッヒド朝起こる)
1147年 ムワッヒド朝がマラケシュを占領(ムラービト朝滅亡)
1195年 アラルコスの戦い(ムワッヒド朝勝利)
1212年 ラス・ナバス・デ・トロサの戦い(キリスト教諸国連合軍勝利、アンダルス没落のはじまり)


<第三部 群雄割拠の時代――マシュリク>

(「歴史16 ガズナの征服王)
998年 ガズナ朝のマフムードが即位
999年 カラ・ハン朝がサーマーン朝を滅ぼす
1001年 ガズナのマフムードが最初のインド遠征を開始
1030年 ガズナのマフムードが死去

(「歴史17 大セルジューク朝の勃興」)
1038年 トゥルクマーン族長のトゥグリル・ベグがニーシャープールに入城(大セルジューク朝成立)
1040年 ダンダンカーンの戦い(ガズナ朝の没落と大セルジューク朝の興隆がはじまる)
1055年 大セルジューク朝のトゥグリル・ベグがバグダードに入城(ブワイフ朝時代の終焉、セルジューク朝時代のはじまり)
1071年 マラズギルトの戦い(ビザンツ帝国がアナトリアを喪失、アナトリアのテュルク=トルコ化開始)

(「歴史18 暗殺者の王国」)
1092年 イスマーイール派暗殺教団が大セルジューク朝の宰相ニザーム・アルムルクを暗殺(暗殺教団成立)
1096年 第一次十字軍はじまる(→歴史19)
1099年 第一次十字軍、エルサレムを占領(→歴史19)
 (※1125年 東アジアで遼王朝が滅亡し、金王朝が華北を制圧)
1132年 耶律大石が中央アジアのイリ地方で西遼(カラ・キタイ)を建国
1141年 カトワーン平原の戦い(大セルジューク朝崩壊のはじまり)

(「歴史19 フランク襲来」)
上記参照

(「歴史20 反撃の狼煙」)
1144年 モスルのアターベク、ザンギーがエデッサを奪還
1149年 ゴール朝のアラーウッディーン・フサインがガズナを破壊(→歴史22)
1154年 ザンギー朝のヌールッディーンがダマスクスに入城
1169年 ザンギー朝のシールクーフがアル・カーヒラ(カイロ)に入城
1171年 ザンギー朝のサラーフッディーンがファーティマ朝を滅ぼし、エジプトに自立してアイユーブ朝を建てる

(「歴史21 交錯する聖戦」)
1187年 ヒッティーンの戦い、アイユーブ朝のサラーフッディーンがエルサレムを奪還
1189年 第三次十字軍はじまる
1192年 第二次タラーインの戦い(イスラーム勢力の北インド支配開始)(→歴史22)
1198年 ホラズム・シャー朝のアラーウッディーン・テキシュがバグダードに入城(→歴史22)
1206年 大モンゴル帝国(イェケ・モンゴル・ウルス)成立、デリーの奴隷王朝成立(→歴史22)
1211年 ナイマンのクチュルクが西遼(カラキタイ)を簒奪(→歴史22)
 (※同年、大モンゴル帝国の第一次対金戦争開始(→歴史22))
1219年 大モンゴル帝国のホラズム遠征開始(→歴史23)
1229年 神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世がエルサレムを無血で獲得
1236年 大モンゴル帝国のキプチャク・ルーシ遠征開始(→歴史23)
1239年 アイユーブ朝がエルサレムを奪還



某教授曰く「極論すればアフロ・ユーラシアの全歴史はひとまずモンゴルへ流れ込み、モンゴルから再び流れ出す」


<第四部 大モンゴルの時代>

(「歴史22 世界征服者の到来」)
上記参照

(「歴史23 狼と三日月)
1249年 第七次十字軍はじまる
1250年 アイユーブ朝(宗家)が滅亡、マムルーク朝がはじまる
1253年 大モンゴル帝国の西南アジア遠征が開始
1258年 大モンゴル帝国がアッバース朝を滅ぼす
1260年 アイン・ジャールートの戦い(マムルーク朝がモンゴル帝国を破る)

(「歴史24 嵐のあと、嵐のまえ」)
1261年 マムルーク朝のバイバルスがアッバース朝カリフをエジプトに擁立(カイロ・アッバース朝成立)
 (※この年、ニカイア帝国のミカエル・パレオロゴスがビザンツ帝国を再興)
1264年 マムルーク朝とジョチ・ウルスが同盟(ナイル・ヴォルガ同盟)、クビライ・カアンがアリクブケ・カアンを降す(→歴史23)
1268年 マムルーク朝のバイバルスがアナトリアに遠征(ルーム・セルジューク朝、事実上崩壊)
1270年 フランス王国のルイ9世がチュニジアに遠征
1273年 大元ウルスのクビライ・カアンが南宋帝国を征服(→歴史23)
1282年 シチリアで反フランス暴動が発生(シチリアの晩祷)
1291年 マムルーク朝のアシュラフ・ハリールがアッカを占領(十字軍戦争の終焉)
1295年 フレグ・ウルスでガザン・カンが即位(フレグ・ウルスのイスラーム化)
1335年 フレグ・ウルスのアブー・サイード・カンが暗殺される(フレグ・ウルスの崩壊)
1357年 ジョチ・ウルスのクルナがベルディベク・カンを暗殺(ジョチ・ウルス内乱のはじまり)
 ※1368年 大元ウルスのトゴン・テムル・カアン、大明帝国に追われて大都を撤退(モンゴル世界支配の終焉)

世界史年表・地図 (2014年版)

新品価格
¥1,512から
(2014/11/12 22:28時点)




FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。