FC2ブログ

世界史情報局

世界の全史を自分なりに見渡してみようと思って始めたブログ。近代以前の世界史の中心だった東アジアと西アジアの視点から、なるべく手を広げながら通史を書いています。根も葉もない出鱈目は書かないけど、面白さ重視で描写の脚色もします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イスラーム世界の歴史 年表

アクセス解析すると、どうもこの記事が一番集客力あるような気がする。


Abbasids850.png
(アッバース朝イスラーム帝国)

イブン・ハルドゥーン曰く「歴史学は多様な理論を持つ学問である。その有用な面は極めて多く、その目的は高貴である」


<第一部 統一帝国の時代>

(「歴史1 夜明け前」)
570年 「預言者」ムハンマド誕生

(「歴史2 時代の使徒ムハンマド」)
610年 ムハンマドが最初の啓示を受ける
622年 ムハンマドと原初イスラーム教団がマディーナに移住(聖遷;ヒジュラ)

(「歴史3 アラビア半島の支配者」)
624年 バドルの戦い
625年 ウフドの戦い
627年 ハンダクの戦い
628年 フダイビーヤの和議
  (※この年、ビザンツ帝国とサーサーン朝が講和)
630年 ムハンマドがマッカ入城、「遣使の年」

(「歴史4 代理人の時代」)
632年 ムハンマド没、アブー・バクルが初代カリフとなる、リッダ戦争開始(~633)

(「歴史5 大征服の序章」)
633年 大征服戦争開始
634年 アブー・バクル没、ウマルが第二代カリフとなる
636年 ヤルムーク河畔の戦い(シリア征服)
637年 カーディスィーヤの戦い(イラーク征服)
641年 アレクサンドリア陥落(エジプト征服)
642年 ニハーヴァンドの戦い(サーサーン朝ペルシア崩壊)

(「歴史6 内乱と分裂」)
644年 ウマル没、ウスマーンが第三代カリフとなる
656年 ウスマーン殺害される、アリーが第四代カリフとなる、駱駝の戦い(第一次内乱;~661)

(「歴史7 シーア派誕生」)
657年 スィッフィーンの戦い(ムアーウィヤ優位確立)、ハワーリジュ派誕生
660年 ムアーウィヤがウマイヤ朝初代カリフとなる(ウマイヤ朝開始)
661年 アリー殺害される(正統カリフ時代終焉)
680年 ムアーウィヤ死去、ヤズィードが第二代カリフとなる、カルバラーの悲劇

(「歴史8 第二次内乱」)
683年 イブン・アッズバイルが挙兵(第二次内乱;~697)
691年 イブン・アッズバイル敗死

(「歴史9 諸国征服の世紀」)
694年 アル・ハッジャージュがイラーク総督に就任、中央アジア・シンド征服戦争開始(~715)
698年 マウレタニア征服
711年 イベリア侵攻、グアダレーテ河畔の戦い(西ゴート王国征服)
732年 トゥール・ポワティエの戦い(ヨーロッパ進出停止)

(「歴史10 黒旗の革命軍」)
747年 アブー・ムスリムの挙兵(アッバース革命開始;~750)
749年 サッファーフ即位(アッバース朝開始)
750年 マルワーン2世敗死(ウマイヤ朝滅亡)

(「歴史11 神の給うた都)
751年 タラス河畔の戦い(イスラーム帝国と中華帝国の遭遇)
754年 サッファーフ没、マンスールがアッバース朝第二代カリフとなる
755年 アブー・ムスリム処刑
756年 ジャアファル・アッサーディク没、イスマーイール派と十二イマーム派の分裂(→歴史13)、後ウマイヤ朝成立(→歴史14)
762年 バグダード建設開始

(「歴史12 ザンジュとグラーム」)
786年 ハールーン・アッラシードが第5代カリフとなる
803年 バルマク家の粛清
806年 ラーフィー・イブヌル・ライスの反乱、ハールーン・アッラシード没
811年 アミーンとマアムーンの内乱開始(~813)
821年 ターヒル・イブン・フサインがホラーサーン総督に就任(ターヒル朝成立)
830年 「知恵の館」設立
833年 マアムーン没、ムウタスィムが第八代カリフとなる、グラーム軍団拡大
836年 サーマッラー遷都
  (※840年 モンゴル高原でウイグル可汗国が崩壊し、「テュルク族の西進」がはじまる(→歴史16))
868年 エジプト総督アフマド・イブン・トゥールーンが自立(トゥールーン朝成立→歴史13)
869年 ザンジュの乱(~883)

(「歴史13 東西の暗雲」)
873年 ヤアクーブ・イブン・アルライスがターヒル朝を滅ぼす(サッファール朝成立)、ナスル・サーマーニーが自立(サーマーン朝成立)
874年 第十二代イマームのムハンマド・ムンタザルがガイバ(幽暗)に入る(「隠れイマーム」信仰の成立)
899年 イスマーイール派のウバイドゥッラーがマフディーを自称、イスマーイール派(本流)とカルマト派の分裂
909年 ウバイドゥッラーがカリフを称する(ファーティマ朝成立)
912年 後ウマイヤ朝のアブドゥルラフマーン3世が即位(→歴史14)
929年 アブドゥルラフマーン3世がカリフを称する(→歴史14)
930年 カルマト派がマッカの黒石を奪う(~951)
936年 アブドゥルラフマーン3世が新都ザフラーの建設を開始(→歴史14)
945年 ブワイフ朝のアフマド(ムイッズ・ウッダウラ)がバグダードに入城(ブワイフ朝時代の開始)
960年 カラ・ハン朝で天幕二十万帳のテュルク人がイスラームに改宗したとされる(→歴史16)
962年 サーマーン朝のアルプテギンがガズナで独立(ガズナ朝成立→歴史16)
969年 ファーティマ朝がエジプトを征服、アル・カーヒラ(カイロ)建設


ここからマグリブ(西方イスラーム世界)とマシュリク(東方イスラーム世界)に分岐します! 注意! 見比べるのもお勧め!


<第二部 群雄割拠の時代――マグリブ>

(「歴史14 アンダルスの栄華」)
978年 後ウマイヤ朝でムハンマド・イブン・アビー・アーミルがハージブ(侍従)に就任し事実上の最高権力者となる
1008年 アーミル家のサンチュエロが後ウマイヤ朝の実権を掌握(後ウマイヤ朝崩壊のはじまり)
1031年 後ウマイヤ朝が滅亡、タイファ(諸侯国)時代がはじまる

(「歴史15 ナバス・デ・トロサへの道)
1039年 イブン・ヤースィーンがセネガル河口にリバートを建設(ムラービトゥーンの起源)
1051年 ズィール朝がファーティマ朝から離反、ヒラール族のイフリーキヤ侵入
1054年 アルモラビッドの聖戦がはじまる(ムラービト朝起こる)
1086年 ムラービト朝がアンダルスに進出、サグラハスの戦い(ムラービト朝勝利)
1125年 イブン・トゥーマルトが蜂起(ムワッヒド朝起こる)
1147年 ムワッヒド朝がマラケシュを占領(ムラービト朝滅亡)
1195年 アラルコスの戦い(ムワッヒド朝勝利)
1212年 ラス・ナバス・デ・トロサの戦い(キリスト教諸国連合軍勝利、アンダルス没落のはじまり)


<第三部 群雄割拠の時代――マシュリク>

(「歴史16 ガズナの征服王)
998年 ガズナ朝のマフムードが即位
999年 カラ・ハン朝がサーマーン朝を滅ぼす
1001年 ガズナのマフムードが最初のインド遠征を開始
1030年 ガズナのマフムードが死去

(「歴史17 大セルジューク朝の勃興」)
1038年 トゥルクマーン族長のトゥグリル・ベグがニーシャープールに入城(大セルジューク朝成立)
1040年 ダンダンカーンの戦い(ガズナ朝の没落と大セルジューク朝の興隆がはじまる)
1055年 大セルジューク朝のトゥグリル・ベグがバグダードに入城(ブワイフ朝時代の終焉、セルジューク朝時代のはじまり)
1071年 マラズギルトの戦い(ビザンツ帝国がアナトリアを喪失、アナトリアのテュルク=トルコ化開始)

(「歴史18 暗殺者の王国」)
1092年 イスマーイール派暗殺教団が大セルジューク朝の宰相ニザーム・アルムルクを暗殺(暗殺教団成立)
1096年 第一次十字軍はじまる(→歴史19)
1099年 第一次十字軍、エルサレムを占領(→歴史19)
 (※1125年 東アジアで遼王朝が滅亡し、金王朝が華北を制圧)
1132年 耶律大石が中央アジアのイリ地方で西遼(カラ・キタイ)を建国
1141年 カトワーン平原の戦い(大セルジューク朝崩壊のはじまり)

(「歴史19 フランク襲来」)
上記参照

(「歴史20 反撃の狼煙」)
1144年 モスルのアターベク、ザンギーがエデッサを奪還
1149年 ゴール朝のアラーウッディーン・フサインがガズナを破壊(→歴史22)
1154年 ザンギー朝のヌールッディーンがダマスクスに入城
1169年 ザンギー朝のシールクーフがアル・カーヒラ(カイロ)に入城
1171年 ザンギー朝のサラーフッディーンがファーティマ朝を滅ぼし、エジプトに自立してアイユーブ朝を建てる

(「歴史21 交錯する聖戦」)
1187年 ヒッティーンの戦い、アイユーブ朝のサラーフッディーンがエルサレムを奪還
1189年 第三次十字軍はじまる
1192年 第二次タラーインの戦い(イスラーム勢力の北インド支配開始)(→歴史22)
1198年 ホラズム・シャー朝のアラーウッディーン・テキシュがバグダードに入城(→歴史22)
1206年 大モンゴル帝国(イェケ・モンゴル・ウルス)成立、デリーの奴隷王朝成立(→歴史22)
1211年 ナイマンのクチュルクが西遼(カラキタイ)を簒奪(→歴史22)
 (※同年、大モンゴル帝国の第一次対金戦争開始(→歴史22))
1219年 大モンゴル帝国のホラズム遠征開始(→歴史23)
1229年 神聖ローマ帝国のフリードリヒ2世がエルサレムを無血で獲得
1236年 大モンゴル帝国のキプチャク・ルーシ遠征開始(→歴史23)
1239年 アイユーブ朝がエルサレムを奪還



某教授曰く「極論すればアフロ・ユーラシアの全歴史はひとまずモンゴルへ流れ込み、モンゴルから再び流れ出す」


<第四部 大モンゴルの時代>

(「歴史22 世界征服者の到来」)
上記参照

(「歴史23 狼と三日月)
1249年 第七次十字軍はじまる
1250年 アイユーブ朝(宗家)が滅亡、マムルーク朝がはじまる
1253年 大モンゴル帝国の西南アジア遠征が開始
1258年 大モンゴル帝国がアッバース朝を滅ぼす
1260年 アイン・ジャールートの戦い(マムルーク朝がモンゴル帝国を破る)

(「歴史24 嵐のあと、嵐のまえ」)
1261年 マムルーク朝のバイバルスがアッバース朝カリフをエジプトに擁立(カイロ・アッバース朝成立)
 (※この年、ニカイア帝国のミカエル・パレオロゴスがビザンツ帝国を再興)
1264年 マムルーク朝とジョチ・ウルスが同盟(ナイル・ヴォルガ同盟)、クビライ・カアンがアリクブケ・カアンを降す(→歴史23)
1268年 マムルーク朝のバイバルスがアナトリアに遠征(ルーム・セルジューク朝、事実上崩壊)
1270年 フランス王国のルイ9世がチュニジアに遠征
1273年 大元ウルスのクビライ・カアンが南宋帝国を征服(→歴史23)
1282年 シチリアで反フランス暴動が発生(シチリアの晩祷)
1291年 マムルーク朝のアシュラフ・ハリールがアッカを占領(十字軍戦争の終焉)
1295年 フレグ・ウルスでガザン・カンが即位(フレグ・ウルスのイスラーム化)
1335年 フレグ・ウルスのアブー・サイード・カンが暗殺される(フレグ・ウルスの崩壊)
1357年 ジョチ・ウルスのクルナがベルディベク・カンを暗殺(ジョチ・ウルス内乱のはじまり)
 ※1368年 大元ウルスのトゴン・テムル・カアン、大明帝国に追われて大都を撤退(モンゴル世界支配の終焉)

世界史年表・地図 (2014年版)

新品価格
¥1,512から
(2014/11/12 22:28時点)




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。